パソコンや外付けhddの不具合は専門業者に依頼して解決しよう

自分でできる対策

外付けhddも内臓hddと同じように、パーテーションによって区切られている場合がほとんどです。パーテーションとはhddの容量に区切りを付けて分けたもののことで、それぞれデータを入れるときに分別しているので、領域を分けて使うことができるのです。このパーテーションをパソコンが認識してくれない不具合が出ると多くの人は外付けhddが壊れたと思うこともあるでしょう。
そこで、このような不具合を解決するために必要なことはどこにパーテーションがあるのか確認することです。外付けhddがパソコンに認識されている場合、そこからドライブが割り当てられていない場所があるのか確認してみましょう。
その方法はマイコンピュータの中にある外付けhddから接続中のhddの上で右クリックすることです。そこで、ディスクの管理という項目があるので、それをクリックします。
そうすると、どのようなパーテーションに区切られているのか確認できるのです。その中でも未割り当てのパーテーションがあるなら、そこが消えたドライブの可能性が高いのです。
これにドライブの名前とパスを入れることで、エクスプローラーに表示されデータもしっかり残っていることが多いでしょう。
このように、自分で少し調べてみると不具合は解決できることもあるのです。
しかし、このような方法を試してみても不具合を直すことができない場合もあります。そのような場合は無理に直そうとするのではなく、専門の業者に依頼して直してもらうと良いでしょう。